株式会社サイトコンシェル

社長達からネット集客について聞かれたこと

被リンクって何ですか??

被リンクとは
ほかのサイトからリンクを受けている状態のことを指します

先に、「リンク」の説明をしますね
よくホームページを見ていると
続きはコチラ → ○○○○○
というのがありますよね

で、この「○○○○○」をクリックすると
違うサイト(ページ)へ行きます
この仕組みのことを「リンク」といいます

そして、そのリンク先(飛び先)が社長のサイトだったら、
社長のサイトはリンクを受けたことになります
この状態のことを「被リンク」といいます(リンクされている状態)

社長のサイトが面白かったり、役に立つサイトであれば
いろんな人からリンクを貼ってもらえますよね

逆にいうと、リンクを多く貼られているサイト、
いわゆる「被リンクの数」が多ければ、
役に立つサイトだということになりますよね

つまり、リンクを受ける(被リンク)というのは
人気投票のようなものだと考えると分かりやすいと思います

Googleは検索ユーザーに、的確な検索結果を
返さなければいけません
そのため、どういったサイトを上位へ表示するか決めますよね

当然、検索者にとって役に立つであろうサイトを
上位に表示しようとするわけです

つまり、「役に立つサイト = 被リンクの多いサイト」
という図式で、被リンクの多いサイトを上位に表示する傾向にあります

もちろん、被リンク数がただ多ければイイってもんじゃないです
リンク元サイトの質など関係しますが、
これはちょっと話がそれますのでまた今度。

それと、この『被リンクの意味』についてですが、
どういう『リンク』が上位表示に影響を及ぼすのか
弊社なりの仮説があります

それは現在のアルゴリズム(上位表示されるためのルール)には
まだ採用されていないと思いますが、

今後、それを採用することによって、
より検索者に役立つサイトを上位表示出来るはずです
その対策を弊社は現在行っています
話がそれました。。。

それと、この「被リンク数が多いと上位表示される」という図式を、
逆利用して、意図的にリンクを集めようとする人たちもたくさんいます

でも残念ながら、よっぽど上手くやらないと、
現在のGoogleはそれを見破れない程アホではないです

なので、リンクを集めることに大きな力を使うのではなく、
検索者にとって有益な情報、役に立つ面白いコンテンツを
提供することに大きな力を注ぎましょう

そうすれば、自然とリンクも集まりますよっていうお話です
ま、これは理想論ですけどね(^^)

それと、リンク集めが悪いことだとは言いません
むしろやらないといけないこともあるでしょう

そうではなく、
ここで言いたいのは「そこばかりに力を入れちゃダメですよ〜」
ということです